型と式で捉える日本文化

写真は、鎌倉の長谷寺の近くにあります。ゲストハウス楽庵にて侍体験をした時のものです。

光岡英稔さんの著書「身体の聲」の中に書かれているのですが、日本人は、型と式で、物事を理解しようとするのに対して、西洋人は、ムーブメントとポジションで、捉えるということらしいです。これは、ちょっとすごい事ですよ!これを知っていないと、とんでもない誤解をする可能性があると思います。

結構、難しいお話なので、興味がある方は、この本を買って、良く読んでください。僕が、これから書く内容は、僕の私見がかなり入っていますので、冷静に判断したい人は、本から情報を得てください。

身体の聲 武術から知る古の記憶

新品価格
¥1,404から
(2019/8/12 13:40時点)

西洋人は、ポジションとムーブメントで、捉えて、テクニックが磨かれるので、「スポーツ」になっていくが、日本人は、型と式で捉えるので、自己鍛錬になり、いずれ「道」をめざすことになるというわけです。この事を、混同したまま、事を進めていくと、とても不幸なことが起きますよね。大丈夫ですか?つまりは、進歩主義か原点回帰になるか、どうかってことですね。

そして、一見、論理的に見えてしまう、西洋の理論ですが、それは、ムーブメントという非理論的に連続する動きに対して、精神性で、固定できる理論を求めた結果だというのです。そして、外国の言語は、論理的にできているから有利なわけです!。

日本の文化や芸術の世界に、理論的に解説できるものが、何も無いのが、欠点だと、だから西洋は優れていると、信じて疑わない人がいますが、ちょっと、待ってくださいよ。と言っても、そう信じている人は、考えを改めないと思いますが、、笑

つまり、日本人は、言葉では伝える事が不可能ものを型と式で、残しているわけですよ。それは、まあ、普通だとして、問題は西洋ですよ、いいですか?あの素晴らしい西洋文化は、適当に非理論的にやってしまったことを、恥ずかしいからって、あとから理論的にして、ルールとか作って、秩序を与えているだけなのかもしれないわけですよ!!!えっ??

日本に憲法がないのは、原点回帰で、自己鍛錬に向かう国民性で、道徳的だから、必要ないわけで、それが、進歩主義の勝手な人たちが、動き回るから、ルールや秩序が必要になるわけで、西洋などでは、早くから憲法や法律が整備されている必要性があるわけです。

まあ、そんな政治のことはどうでもいいけど、

例えば演劇をこころざす皆様が、尊敬してやまない、メソッドだって、ひょっとしたら、適当にムーブメントとポジションで演技したら、上手くいったので、じゃあていうんで、それを後付で、理論ぽくしたんだとしたら、その理論に従って、稽古したって、絶対に上手くいかないでしょ!結果論から導きだした因果論ですよ!???真似したらダメですよ。

スタニスラフスキーに至っては、国家ぐるみで、成功が約束された、結果論から、作り出された因果論なのは、みえみえでしょう。

だから、これを真面目に学んで、型と式で理解してしまう日本人がいても、ぎこちなさしか鍛錬されないわけです。

やればやるほどすごくぎこちなくなるという現象が起きます。
真面目だけど通用しない。
昭和から、平成にかけて世界を舞台に戦えた日本人は、型に囚われなかった人です。(上記の書籍より)

これが、ザ・日本人なのです。笑

お金持ちが、あのとき、僕は、海鮮丼ではなく牛丼を食べたのが、運命の分かれ道だったと言っても、みんなが、真似して、海鮮丼ではなく牛丼食べたところで、お金持ちには、なれないですよね。アホなひとは、たぶん真似すると思いますが、、、これは、例え話が、それまくりました。すみません。

つまり、入門書とか、読んで、演劇したって無意味で、とりあえず、しのごの言ってないで、演技してみろよってことですよね。それが出来ないのなら、向いてないというか才能が無いわけですから、ハリウッドとか行ったらダメですよ。そういう人は、日本人的な人なのですから、伝ふプロジェクトという良い団体がありますので、そちらの方へ是非いらしてください。笑

そして、最近の若者たちは、この型と式から、外れて、ムーブメントとポジションで、取り組む人たちが、生まれてきて、世界で通用するスポーツ選手が、生まれてきたという訳です。つまり、その人たちは、日本文化をすっかり捨てることが出来たというわけですね。

これは、難しいお話ですね。

しかし、この事は、知っておくことが重要だし、ダブルスタンダードになっている現状の日本は、複雑になりましたが、自己矛盾を内包するという観点からみれば、つまりは、それが武器になるかもしれないわけですし、少なくとも自分は、昔ながらの日本人的とらえ方しているのか?新人類になっているのか、確認しておきたいところですよね。とても、重要な事だと思いました。ではでは、、

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

その他

  1. 2019/7/30

    所作塾 No15
    所作は、基本的には、骨の動きになるわけですが、要するに骨「こつ」をつかむわけですね。ただ、骨は筋肉が…
  2. 2019/7/5

    所作塾No14
    所作は、身体を意志では無く、感覚を通して、扱うことで、命と真摯に向かいあう行為の一つとなりえます。 …
  3. 2019/6/20

    所作塾No13
    合理化と視覚化は、現代の社会の二大命題でありますが、もちろん、それは、文化的なものとは真逆に位置して…
  4. 2019/5/28

    所作塾 No12
    日本画の余白と集中観について、 日本の絵には、余白があったりします。それを見て、西洋の昔の画家…
  5. 2019/4/10

    所作塾 No11
    身体を動かす上で、大事になのはたぶん、下半身だと思いますが、それは基本的なことで、細かい技となるとや…
  6. 2019/3/21

    所作塾 No10
    所作塾 No10 2019/3/18 毎回、集まって頂いた人に合わせて、稽古を組み立てていますが、…
  7. 2019/3/4

    所作塾 No9
    所作塾 No9 2019/2/25 私たちは、普段、効率化と合理化の観点から、色々なものを、単…

新しい投稿

命題

Je sens, donc je suis.
我感じる、故に我有り

デカルトの我思う故に我有りの命題を日本風になおしました。日本文化の原点です。

ブログカテゴリー

補足メモ

  1. 2019-3-8

    精神は、身体に触れられない

    こう切り出したら、ある人から、いえ、私は、身体にいつでも触ることができますよ、むしろ精神には触れない…
  2. 2019-1-4

    錐体系と錐体外路系の運動

    私たちは、何か行動を起こすとき、意識している行為と無意識の行為があります。つまり、自覚的行為と無自覚…
  3. 2018-2-20

    量子力学的な身体観

    現代では、精神が身体よりも上位に位置し、身体を生きていくための道具と捉えているからでしょうか?身体を…
  4. 2018-2-16

    識別感覚と同調感覚について

    前回の「理解という概念の固定化」の続きのブログです。この問題は、何度か伝ふプロジェクトでも書いていま…
  5. 2018-1-8

    理解という概念の固定化

    最近では、理解しないと動けないという人が、増えています。ワークショップをするにしても、最初に座学を入…
ページ上部へ戻る