感想文をいただきました

先日行いました。TABICAのワークショップの感想文をいただきました。どちらも、素晴らしい内容で、感動しました。感謝。なかなか、短く要点をまとめるのは、難しいと思います。このまま、流れてしまうのは、もったいないので、転載させていただきます。本当にありがとうございました。

一つ目

「強さ」を体感できました☆

武士のほんとうの強さは、精神力に頼らないところ。という言葉に惹かれて参加させていただきました。 日常で、緊張して上手く話せなかったり動けなかったり、軽いパニックになって焦ってしまって失敗したり。そういうときに、強い精神力を!とは思うものの、難しく感じていました。 武士の、斬るか斬られるかという状態で保つ精神状態は、心と身体をどう捉えるかというお話から、実際に身体を動かして体感してみて、「強さ」の出し方のようなものを学べた気がします。 緊張しやすい人には特におすすめです。 日常的に身に付けることができたら、冷静に考えるゆとりが生まれると思いました。 ちょっとした身体の動かし方で、身体や心の感じ方がまったく違うという体験を何通りも教えていただき、不思議な感覚になり、本当に楽しかったです! ホストの近藤さんも、やわらかい雰囲気で、なごやかな時間を過ごせました。 ありがとうございました☆

二つ目

歴史の中で培われた智慧との語らい

【武士のならひ】入門編、はじめて参加させていただきました。 どのような内容なのかも判らずの参加でしたが、前半に座学を行い、そこで疑問に思ったことを含めての後半実技で、不慣れな私でも余裕を持って体験することができました。 帯の締め方からなんば歩きの特徴、刀の握り方など、驚きの連続でした。 古来からの考え方から、所作が生まれその所作が精神に影響を与える。昔の人と体を動かすことで対話できる。そんな体験でした。 刺激的で楽しい時間を過ごさせていただきました。 また次回、ぜひ参加したいと思っています。

以上の二つです。ありがとうございました。

受講してくださった方々の感受性も素晴らしくて、とてもスムーズにワークショップが出来ました。もちろん、脱線もあり体系的には、分かりにくいところも多々あったと思いますが、一緒に楽しくできて良かったです。また、ワークショップ中にこんなことを感じました。と逆に教えていただくこともあり、新たな発見もありました。

正しいことは、何もありませんから、寺子屋のように、意見を出し合って、試行錯誤するのも楽しく、そんな風に進むことができたら、ほんとうに有意義なワークショップになるな~と思いました。

ありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

その他

  1. 2019/7/30

    所作塾 No15
    所作は、基本的には、骨の動きになるわけですが、要するに骨「こつ」をつかむわけですね。ただ、骨は筋肉が…
  2. 2019/7/5

    所作塾No14
    所作は、身体を意志では無く、感覚を通して、扱うことで、命と真摯に向かいあう行為の一つとなりえます。 …
  3. 2019/6/20

    所作塾No13
    合理化と視覚化は、現代の社会の二大命題でありますが、もちろん、それは、文化的なものとは真逆に位置して…
  4. 2019/5/28

    所作塾 No12
    日本画の余白と集中観について、 日本の絵には、余白があったりします。それを見て、西洋の昔の画家…
  5. 2019/4/10

    所作塾 No11
    身体を動かす上で、大事になのはたぶん、下半身だと思いますが、それは基本的なことで、細かい技となるとや…
  6. 2019/3/21

    所作塾 No10
    所作塾 No10 2019/3/18 毎回、集まって頂いた人に合わせて、稽古を組み立てていますが、…
  7. 2019/3/4

    所作塾 No9
    所作塾 No9 2019/2/25 私たちは、普段、効率化と合理化の観点から、色々なものを、単…

新しい投稿

命題

Je sens, donc je suis.
我感じる、故に我有り

デカルトの我思う故に我有りの命題を日本風になおしました。日本文化の原点です。

ブログカテゴリー

補足メモ

  1. 2019-3-8

    精神は、身体に触れられない

    こう切り出したら、ある人から、いえ、私は、身体にいつでも触ることができますよ、むしろ精神には触れない…
  2. 2019-1-4

    錐体系と錐体外路系の運動

    私たちは、何か行動を起こすとき、意識している行為と無意識の行為があります。つまり、自覚的行為と無自覚…
  3. 2018-2-20

    量子力学的な身体観

    現代では、精神が身体よりも上位に位置し、身体を生きていくための道具と捉えているからでしょうか?身体を…
  4. 2018-2-16

    識別感覚と同調感覚について

    前回の「理解という概念の固定化」の続きのブログです。この問題は、何度か伝ふプロジェクトでも書いていま…
  5. 2018-1-8

    理解という概念の固定化

    最近では、理解しないと動けないという人が、増えています。ワークショップをするにしても、最初に座学を入…
ページ上部へ戻る