白鳥会演奏会に参加してきました

2019年5月12日 広島県呉市文化団体連合会創立70周年事業
第9回白鳥会演奏会(藤本流三味線の会)にお呼び頂きました。
本当にありがとうございました。
僕は基本的に、歌ったり踊ったり出来ませんので、伝ふプロジェクトのメンバーであります。山崎直子さんと藤間美津保さんが、ご祝儀曲、「雛ぶり三番叟」と「藤寿三番叟」、それに藤井清美さん作曲の「信田の藪」の三曲を踊らせて頂きました。素晴らしい演奏に合わせて、素晴らしい舞台で、踊らせて頂くという、とても貴重な機会を頂きまして、本当に感謝しております。

白鳥会さまとのご縁は、2016年にさかのぼります。第15回藤井清水音楽祭にて、白鳥会さまが信田の藪を演奏するわけですが、(この歌の内容は、安倍晴明の母親が、自分が狐であることがバレてしまって、一緒に暮らすことができず、別れ離れになったあと、子供のその後の様子をトンボに尋ねるという内容の歌です。)その時に使う、狐の面を会主さまである、藤本秀澄敏先生が、一生懸命に探していたようです。なかなか、良い物が見つからない時に、やっと、見つけたのが、伝ふプロジェクトのホームページにのっていました狐の面だそうです。

このお面を使いたいということで、そこから、お問い合わせを頂きまして、お面を作らせて頂きました。ただ、このお面を作るのに二週間ぐらいかかってしまいますので、納品が随分ぎりぎりのタイミングになってしまったと思います、申し訳ありませんでした。そして、無事にこの狐の面が、呉市でデビューを飾りました。その後も、ネット上では、つながりがありましたが、今年、第9回白鳥会演奏会に際して、会主さまの英断で、お面だけではなく、私たちをお招き頂けることになりました。本当に、心から感謝しております。

今回の踊りは、ネットで知り合った人に、踊ってもらいます。と言ったときの、白鳥会の皆様は、さぞ驚かれた事と思います。笑

ご祝儀曲ということで、振り付けが簡単なようで、実は難しいのですが、それでもストーリー性を持たせようと、いろいろと苦労して頂きました。僕は、相変わらず、言いたいことを言うだけです。(ごめんなさい)とりあえず、ひとりは女振りで、ひとりは男振りにすることにして、衣装も定番の三番叟を揃えて、華を添えようということになりました。そして、一番短い曲の「信田の藪」が、実のところ、最後の最後まで、試行錯誤することになりました。面白いものです。

今回、いろいろと学ぶ事も多く、たいへん貴重な体験をさせて頂きました。本当にありがとうございました。

実は、演奏会だけではなく、呉市の観光にも招待して頂きました。人生初のイカ漁も!美味しかったです!!ありがとうございました。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

その他

  1. 2019/7/30

    所作塾 No15
    所作は、基本的には、骨の動きになるわけですが、要するに骨「こつ」をつかむわけですね。ただ、骨は筋肉が…
  2. 2019/7/5

    所作塾No14
    所作は、身体を意志では無く、感覚を通して、扱うことで、命と真摯に向かいあう行為の一つとなりえます。 …
  3. 2019/6/20

    所作塾No13
    合理化と視覚化は、現代の社会の二大命題でありますが、もちろん、それは、文化的なものとは真逆に位置して…
  4. 2019/5/28

    所作塾 No12
    日本画の余白と集中観について、 日本の絵には、余白があったりします。それを見て、西洋の昔の画家…
  5. 2019/4/10

    所作塾 No11
    身体を動かす上で、大事になのはたぶん、下半身だと思いますが、それは基本的なことで、細かい技となるとや…
  6. 2019/3/21

    所作塾 No10
    所作塾 No10 2019/3/18 毎回、集まって頂いた人に合わせて、稽古を組み立てていますが、…
  7. 2019/3/4

    所作塾 No9
    所作塾 No9 2019/2/25 私たちは、普段、効率化と合理化の観点から、色々なものを、単…

新しい投稿

命題

Je sens, donc je suis.
我感じる、故に我有り

デカルトの我思う故に我有りの命題を日本風になおしました。日本文化の原点です。

ブログカテゴリー

補足メモ

  1. 2019-3-8

    精神は、身体に触れられない

    こう切り出したら、ある人から、いえ、私は、身体にいつでも触ることができますよ、むしろ精神には触れない…
  2. 2019-1-4

    錐体系と錐体外路系の運動

    私たちは、何か行動を起こすとき、意識している行為と無意識の行為があります。つまり、自覚的行為と無自覚…
  3. 2018-2-20

    量子力学的な身体観

    現代では、精神が身体よりも上位に位置し、身体を生きていくための道具と捉えているからでしょうか?身体を…
  4. 2018-2-16

    識別感覚と同調感覚について

    前回の「理解という概念の固定化」の続きのブログです。この問題は、何度か伝ふプロジェクトでも書いていま…
  5. 2018-1-8

    理解という概念の固定化

    最近では、理解しないと動けないという人が、増えています。ワークショップをするにしても、最初に座学を入…
ページ上部へ戻る