所作塾 No11

身体を動かす上で、大事になのはたぶん、下半身だと思いますが、それは基本的なことで、細かい技となるとやはり腕の存在は、重要であることは間違いないですよね。そんなことを考えながら、ユーチューブで黒田鉄山さんの居合いを見ていたら、ちょっと気になることがあったので、今回は、みんなに実験台になってもらって(いつも実験台ですが、笑)ある試みの中で、抜刀もしてみました。

僕が暗示をかけるから、そうなるんだと言う人もいますが、今回は、僕の気づいた事に共感してくれたのは、2名。笑。若者は、刀で遊んでました。違うか、汗。いえ、何度も刀を抜いて、確認してくれていました。ありがとうございます。

腕や手で、色々なことが出来ることは、普通に考えれば分かりますが、その使い方で、全身も変わってくるよね。というと、ちょっと、一般論から、外れて理解しずらいところですよね。つまり、みなさんは、どうしても身体を機械として考える癖がついていますので、腕という部分の機能が、全身に影響を及ぼすということは、想定外になってしまうわけですね。脳は、万能として、全体に影響を及ぼすということは、みなさんすぐ理解しますが、笑。でも、なんでも脳に任せてると疲れるでしょう。それに、脳って奴はすぐに、飽きるしね。

それで、しょうがないので、腕の使い方で、とりあえず、身体が軽くなるかも的なことを、みなさんに暗示にかけて(嘘ですよ)やってみました。みんな、役者さんが多いので、なかなか良いリアクションで、楽しい稽古です。

楽しくなる腕とか、踊る腕とか、閑かになる腕とか、腕だけの使い方で、全身が動くなら、なかなか、楽しいお話ですよね。もちろん、そうは上手くいきませんが、試す価値はありますよね。

演技もそうで、精神活動にすると、毎回新しいものをしないといけないし、すぐやっていることに飽きるし、だから、耐えることが稽古なんだとかかんちがいするし、ストレスかかるし、頑張らないといけないし、とにかく疲れるし、その割には、進歩の実感がつかめないし、修行が何十年もかかるわけですよね。

これらを、身体感覚に置き換えれば、次の瞬間から技術にすることができて、技を磨くことができるんです。新しい外部からの刺激なんてなにも必要なくて、ただただ、集中が深くなるには、どうしたら良いのかということだけを取り組めば良いんですよね。ということを、若者たちに実験台になってもらって、取り組んでいるわけです。つまり、そういう意味では、ここが世界の最先端の研究所というなわけなんですよ。

意味不明ですかね、はやり。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

その他

  1. 2019/5/28

    所作塾 No12
    日本画の余白と集中観について、 日本の絵には、余白があったりします。それを見て、西洋の昔の画家…
  2. 2019/4/10

    所作塾 No11
    身体を動かす上で、大事になのはたぶん、下半身だと思いますが、それは基本的なことで、細かい技となるとや…
  3. 2019/3/21

    所作塾 No10
    所作塾 No10 2019/3/18 毎回、集まって頂いた人に合わせて、稽古を組み立てていますが、…
  4. 2019/3/4

    所作塾 No9
    所作塾 No9 2019/2/25 私たちは、普段、効率化と合理化の観点から、色々なものを、単…
  5. 東京放送芸術&映画・俳優専門学校の進級公演として、上演されたものです。 もちろん、突っ込みどころは…
  6. 2019/1/23

    所作塾 No8
    所作塾 No8 2019/1/21 私たちは、小さいときから、大人達に、集中しなさいと言われて…
  7. 2018/12/12

    所作塾 No7
    カメラのレンズが完全に壊れていますね。ごめんなさい。 今回は、ちょっと芝居を重点的にやってみま…

新しい投稿

命題

Je sens, donc je suis.
我感じる、故に我有り

デカルトの我思う故に我有りの命題を日本風になおしました。日本文化の原点です。

ブログカテゴリー

補足メモ

  1. 2019-3-8

    精神は、身体に触れられない

    こう切り出したら、ある人から、いえ、私は、身体にいつでも触ることができますよ、むしろ精神には触れない…
  2. 2019-1-4

    錐体系と錐体外路系の運動

    私たちは、何か行動を起こすとき、意識している行為と無意識の行為があります。つまり、自覚的行為と無自覚…
  3. 2018-2-20

    量子力学的な身体観

    現代では、精神が身体よりも上位に位置し、身体を生きていくための道具と捉えているからでしょうか?身体を…
  4. 2018-2-16

    識別感覚と同調感覚について

    前回の「理解という概念の固定化」の続きのブログです。この問題は、何度か伝ふプロジェクトでも書いていま…
  5. 2018-1-8

    理解という概念の固定化

    最近では、理解しないと動けないという人が、増えています。ワークショップをするにしても、最初に座学を入…
ページ上部へ戻る