あけましておめでとうございます。

平成31年ですね。

あけましておめでとうございます。このニッチなブログにおこし頂きまして、本当にありがとうございます。

このブログを始めて、1年と4カ月間、投稿数92。おおよそ、5日に一つの投稿か~。

ほんとに、自分の筆の遅さにびっくりしてます。昔、オリジナルのシナリオで、舞台をやろうとして公演したときも、一日中家で、ワープロの前で、格闘して、一行も進まなかったこともありました。汗。なんか、こう、根本的に違う事やっているだろうなって思いますね。才能が、まったくない。

本来なら、才能が無いというのは、すごいチャンスで、まったく新しいことをやっても、才能が邪魔をしないわけですから、新しいものを作り出せる可能性があるわけですね。でも、まあ、やはり、もっとサクサクと文章を書きたいものです。

今年は、もう少し頑張って4日に一投稿を目指したいな。

しかし、昨年ほど、僕のネガティブ思考が、指摘されたことが、無いな。びっくりしています。今までは、面白い視点でみる人だねと言われたことがあっても、あからさまに、あんたはネガティブ思考だから、変えなさい。と言われたのは、昨年ぐらいです。自分のなかに、ポジティブだとか、ネガティブだとかという基準が、あまりないので、とても、面くらって、「え?」どういうこと?って、聞くと、丁寧に直されます。笑。直されたってね。そうそう変わるもんじゃ無いでしょう?だから、所作とかやってますが、でも、別にポジティブになるためにやっているわけじゃ無いから、いや、むしろ、もっとネガティブになる為なのかもしれない?(内緒)ていうか、所作には、思想はあっても、考え方は、ないな。少なくとも、ポジティブとかネガティブというのは、技術的なことで、そこに価値判断は、入ってこないだろう。そんな、ポジティブの片面だけなんて、日本1万年の歴史の中でも、今だけでしょ。しかし、こんなこというと、誰も来てくれなくなってしまうか!爆。

それにしても、人の考え方を注意する時代って、どうなの?幕末の尊皇攘夷か?60年安保の学生運動か?

注意をするということは、たぶん、その人は、自分の考え方が正しいと思っているんでしょう??その、正しいって価値は、いったいどこからくるの?だから、あなたは自信がなさそうに見えてネガティブなんですよって、言われそうですが。こんな人類が滅亡するかもしれない、瀬戸際の時代に、ポジティブにヘラヘラしていられる神経が、わからんのですが、ネガティブにヘラヘラしてたらいかんのかな?

でもまあ、ムカつくぐらい、僕のネガティブが許せないというなら、本当に申し訳ありませんと思うのですが、本当にポジティブなら、僕のすべてをポジティブに捉えてもらったらどうなんでしょうか?そうしたら、問題ないと思うのですが、どこかで、エセポジティブだから、僕が許せないんでしょう?僕のネガティブさに気づいたら負けですよ。僕のことをネガティブと思った瞬間、その人はネガティブなんですよ。簡単な話です。

でもね、ネガティブな事に目をつぶっていても、もう人類が滅亡が近いし、そういう問題意識も持たないで、ポジティブやってんだったら、そんな勝手な人が、勝手に僕の考え方に親切に注意しなくても、大丈夫です。

そして、心配しないでください。今年は、なみなさまを刺激しないように、無口になるよう努力します!この、ブログは違うよ。ですから、ポジティブを守りたい人は、このブログは、読まないでください。危ないです。そして、普段の生活の中では、あまり会話しないよう心がけます!(ただし下ネタは除く)

そういえば、これ書いてて思い出した。小林秀雄さんの無私の精神の中に、本当の実行家は、「ごもっとも」と「おっしゃるとおり」だけで、物事をすすめるって、これですね。これが、僕の今年の抱負です。

「そだねー」と「ごもっともだがね」

 

今年もよろしくお願いいたします。

 

近藤康成

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

その他

  1. 2019/4/10

    所作塾 No11
    身体を動かす上で、大事になのはたぶん、下半身だと思いますが、それは基本的なことで、細かい技となるとや…
  2. 2019/3/21

    所作塾 No10
    所作塾 No10 2019/3/18 毎回、集まって頂いた人に合わせて、稽古を組み立てていますが、…
  3. 2019/3/4

    所作塾 No9
    所作塾 No9 2019/2/25 私たちは、普段、効率化と合理化の観点から、色々なものを、単…
  4. 東京放送芸術&映画・俳優専門学校の進級公演として、上演されたものです。 もちろん、突っ込みどころは…
  5. 2019/1/23

    所作塾 No8
    所作塾 No8 2019/1/21 私たちは、小さいときから、大人達に、集中しなさいと言われて…
  6. 2018/12/12

    所作塾 No7
    カメラのレンズが完全に壊れていますね。ごめんなさい。 今回は、ちょっと芝居を重点的にやってみま…
  7. 2018/11/28

    所作塾 No6
    所作塾 No6 2018/11/26 今回は、ちょっとお芝居に関する所作を重点的にやりました。…

新しい投稿

命題

Je sens, donc je suis.
我感じる、故に我有り

デカルトの我思う故に我有りの命題を日本風になおしました。日本文化の原点です。

ブログカテゴリー

補足メモ

  1. 2019-3-8

    精神は、身体に触れられない

    こう切り出したら、ある人から、いえ、私は、身体にいつでも触ることができますよ、むしろ精神には触れない…
  2. 2019-1-4

    錐体系と錐体外路系の運動

    私たちは、何か行動を起こすとき、意識している行為と無意識の行為があります。つまり、自覚的行為と無自覚…
  3. 2018-2-20

    量子力学的な身体観

    現代では、精神が身体よりも上位に位置し、身体を生きていくための道具と捉えているからでしょうか?身体を…
  4. 2018-2-16

    識別感覚と同調感覚について

    前回の「理解という概念の固定化」の続きのブログです。この問題は、何度か伝ふプロジェクトでも書いていま…
  5. 2018-1-8

    理解という概念の固定化

    最近では、理解しないと動けないという人が、増えています。ワークショップをするにしても、最初に座学を入…
ページ上部へ戻る