「間」という概念

「間」が大切であるとは、よく芸事で聞く話ですが、いったいその「間」とは、何なのか?

一般的に、「間」は、時間的なものと、空間的なものがあると思います。芸事でいう「間」は、時間的な事を言っているのでしょうか?それでもやはり、「間」という言葉で、表現されるものは、時間と空間の両方の意味を同時に、含んでいるような気もします。そういう曖昧さは、とっても日本的で、面白いところですね。

例えば、「間抜け」というのは、間が無いわけで、だから、タイミングが悪い人という解釈になるんだと思いますが、でも、冷静に考えれば、間が無い方が、タイミングは合せやすいですよね。では、いったい何が、抜けたと言っているのでしょうか?

これは、要するに「間」が何なのかという問題なわけですが。

役者や芸人の人に、「間」の取り方を聞けば、分かるかもしれませんが、つまりは、その「間」は、誰のものですか?って事ですね。初心者に陥りやすいのは、「間」を自分の基準で取ってしまうパターンですね。(注意:これ僕の勝手な演技の考え方になりますので、違う人は、飛ばして頂くか、読まないでください)演出家に「間」が、悪いといわれたら、頑張って一生懸命稽古して、自分を磨けば、その「間」がよくなるのか?良くなりませんね。だって、「間」は自分の感覚で取るものでは、ないからです。「間」は、自分が入り込めない領域の事です。つまり、それは、まったくの他者であり、ですから自分では「間」がとれません、そしてそれを計り知りえるのは、唯一、感性を誘導させるしか手がないわけです。その感性を誘導させるには、自我とか意志は、とても邪魔な存在ってわけです。なぜ、「間」という言葉に、時間的空間的な二つの異なる次元が同時に存在するかは、つまりは異次元であり、感性が誘導される場が形成される空間だからだと思います。

「間抜け」とは、「間」が抜けた人、つまり、感性が動かない人のことでは、ないでしょうか?

「間」とは、自分が入り込めない領域の事、床の間や鎮守の森もまたしかり、また運命の様に自分の力が及ばない流れ、そして他者の人生など、まったく了見の違う世界との融合の場の形成をさしているのだと思います。

そして、そこから思いつくのは「間」のもう一つの大切な機能です。つまり、それは日本文化の特徴であり秘密でもあります。「なる」という事です。将棋で、「歩」は、相手の陣地つまり、他者の領域に入れば、「」金として、つまり「なる」わけです。

以前、ある感覚的な稽古をしていて、行き詰まっていた時に、師匠にこう言われました。

「今の状態を限界と思うな、「間」だと思いなさい」

私たちは、普段、すぐに自分の能力の限界に突き当たり、四苦八苦しますが、それは、限界では無く、「間」だと思えというのです。つまり、その先は自分が入り込めない領域だとするならば、自分の意志と自我を捨てて、感性が誘導していく場を形成して「間」に入れるという可能性が生じたという事なのです。そうして、その「間」と捉えて、その限界を超えることを「なる」というわけです。つまり、自分の限界は、努力の先にあるのではなく、「間」として、次元的方向性を変える事によって、越えられる可能性を秘めているという事です。

これが、「間」の本当のところの凄さだと思うのです。

芸でいうところの「間」は、ひょっとしたら、この「なる」瞬間をとらえることかもしれません。

日本文化は、この「なる」文化でもあります。古語に名詞が少なく、副詞や形容詞、動詞が多いのは、つまりは、状態や状況には興味がなく、ただ「なる」があるのが人生だから、だと思うからです。

そうやって、「間」というものを見つめ直すと、とっても面白い日本文化が、そこに見えてくると思いますが、いかがでしょうか?

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

その他

  1. 2018/11/28

    所作塾 No6
    所作塾 No6 2018/11/26 今回は、ちょっとお芝居に関する所作を重点的にやりました。…
  2. 2018/11/1

    所作塾 No5
    所作塾 No5 2018/10/22 今回は、初めての人もいるので、ちゃんと導入部分を丁寧に説…
  3. 2018/9/13

    所作塾 No 4
    所作塾 No4  2018/9/10 若手がいらしてくださったので、基本的なお話をしました。身…
  4. 写真は、東京放送芸術映画&俳優専門学校さまからお借りしています。 この学校で、上演される演劇は…
  5. 2018/8/9

    所作塾 No 3
    所作塾 No 3  2018/8/6 今回は、若手が欠席ということで、ベテラン向きにやや、基礎…
  6. 2018/7/18

    所作塾 No2
    所作塾 No 2 2018/7/4 今回は、立つについてやろうと考えていましたが、急きょ、お芝…
  7. 2018/6/20

    所作塾 No1
    所作塾1018/06/18 第1回目の所作塾は、持つという事をテーマにしてみました。 学校で教わ…

新しい投稿

ブログカテゴリー

お願い

当サイトへのご支援や、応援メッセージなど、お待ちしてます。よろしくお願いいたします。

補足メモ

  1. 2018-2-20

    量子力学的な身体観

    現代では、精神が身体よりも上位に位置し、身体を生きていくための道具と捉えているからでしょうか?身体を…
  2. 2018-2-16

    識別感覚と同調感覚について

    前回の「理解という概念の固定化」の続きのブログです。この問題は、何度か伝ふプロジェクトでも書いていま…
  3. 2018-1-8

    理解という概念の固定化

    最近では、理解しないと動けないという人が、増えています。ワークショップをするにしても、最初に座学を入…
  4. 2017-10-26

    秋の収穫祭に参加しました

    少し前になりますが、10月14日に永田町GRIDにて開催されました。秋の収穫祭に参加してきました。い…
  5. 2017-10-10

    ワークショップ vol. 002

    少し時間が経ってしまいましたが、先日、無事にワークショップの二回目が、終了しました。ワークショップの…
ページ上部へ戻る