東京キモノショーに参加します

5月3日日本橋三井ホールにて
東京キモノショーの中にありますステージにて、舞?所作?踊り?を披露します。
11時30分ぐらいからと15時からぐらいです。内容は15分程度です。
入場料1,200円。前売り1,000円です。
ショー以外にも見所がいっぱいのイベントです。
もし、お時間等ありましたら、是非よろしくお願いいたします。

今回、この様なご縁を頂きまして、ほんとうにありがとうございます。
そして、ショーに参加してもいいですよと賛同してくださったメンバーの方々にも感謝してます!
外部からは、コンテンポラリーダンサーの青柳ひづるさん、ニューヨーク公演を終わったばかりなのに、こんな話に、乗って頂きまして、ほんとうにありがとうございます。
伝ふプロジェクトでは、日本文化を知識から体験へというコンセプトで、活動をしています。ですから、着物も芸能ももっと身近であるべきだと思うのです。そして、ステージに立つのは、プロの人だけという概念は西洋的じゃないのかなとも思っています。だからといって、クソ下手なものを見せられてもたまったもんじゃないと、皆さんは、思うでしょうね。ですから、上手いとか下手の二項対立から、外れてみるべきなんだろうなと思います。それは、何?ってことですが、もともと、日本人は、調子が外れてても気にしなかったわけですし、リズムがそろうことを逆に嫌うし、西洋からみたら、無茶苦茶だったんだと思います。それが、グローバル化の波をうけて、いつの間にか西洋音階に従い、リズムを合わせる様になって来たんだと思います。じゃあ、いったい日本人は、何してんの?ってことですよね。

要は、踊りは楽しめば良いのでしょうけど、問題は、誰が楽しいのって所だと思います。現代社会では、楽しみましょうといえば、間違いなく個人のことを指すでしょう。でも、たぶん文化としての楽しみは違うと思います。ましてや、お客さんが楽しいわけでもないのです。それは、日本人の好きな、場の文化として、その場が楽しいことが大切なんだと思います。そのためには、個人としては、辛いのかも知れないし、厳しいのかも知れない、しかし、それで場が楽しければ良いのです。もちろん、お客さんにも、それは言えることで、それをみてつまらないと思うことは、場に参加出来てないわけで、場が盛り上がるためにも観客も加担すべきことはあるのだろうと思うわけです。それが、舞の起源の一つでもある、祀りごとにつながるのかなって、漠然と考えるわけです。この時、はじめて上手いとか下手という二項対立から、少し脱却できるのかなって思います。

ですから、僕たちの踊りを見て、違和感を感じて頂けたら、成功で、下手と思われたら、失敗だったというわけです。笑

今回、限られた時間の中で、主婦のかたやOLさんとかにご参加頂きまして、ほんとうに感謝しております。かなり、勝手なことを言って、内心恨まれていると思いますが、笑。最後まで、頑張って頂けたら嬉しいです。上記の様な話は、とっても根源的なお話で、とてもじゃないけど、時間のかかる話で、急にやれと言われても無理だと思います。現代では、すっかり西洋思想が、身に染みついていて、調子が狂ったり、テンポがずれたりしたら落ち込みますからね。つまり、それを補うだけの腹や腰が、出来てこないと堂々としていられないわけです。僕も含めて、そこまでは、かなり道のりが遠いわけです。でも、だからといって、方向性の違うことはしたくないので、伝ふプロジェクトでは、地道に現代にとっては、違和感になってしまったものに取り組ん行きたいと思っています。

ほんとうにありがとうございます。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

その他

  1. 2019/4/10

    所作塾 No11
    身体を動かす上で、大事になのはたぶん、下半身だと思いますが、それは基本的なことで、細かい技となるとや…
  2. 2019/3/21

    所作塾 No10
    所作塾 No10 2019/3/18 毎回、集まって頂いた人に合わせて、稽古を組み立てていますが、…
  3. 2019/3/4

    所作塾 No9
    所作塾 No9 2019/2/25 私たちは、普段、効率化と合理化の観点から、色々なものを、単…
  4. 東京放送芸術&映画・俳優専門学校の進級公演として、上演されたものです。 もちろん、突っ込みどころは…
  5. 2019/1/23

    所作塾 No8
    所作塾 No8 2019/1/21 私たちは、小さいときから、大人達に、集中しなさいと言われて…
  6. 2018/12/12

    所作塾 No7
    カメラのレンズが完全に壊れていますね。ごめんなさい。 今回は、ちょっと芝居を重点的にやってみま…
  7. 2018/11/28

    所作塾 No6
    所作塾 No6 2018/11/26 今回は、ちょっとお芝居に関する所作を重点的にやりました。…

新しい投稿

命題

Je sens, donc je suis.
我感じる、故に我有り

デカルトの我思う故に我有りの命題を日本風になおしました。日本文化の原点です。

ブログカテゴリー

補足メモ

  1. 2019-3-8

    精神は、身体に触れられない

    こう切り出したら、ある人から、いえ、私は、身体にいつでも触ることができますよ、むしろ精神には触れない…
  2. 2019-1-4

    錐体系と錐体外路系の運動

    私たちは、何か行動を起こすとき、意識している行為と無意識の行為があります。つまり、自覚的行為と無自覚…
  3. 2018-2-20

    量子力学的な身体観

    現代では、精神が身体よりも上位に位置し、身体を生きていくための道具と捉えているからでしょうか?身体を…
  4. 2018-2-16

    識別感覚と同調感覚について

    前回の「理解という概念の固定化」の続きのブログです。この問題は、何度か伝ふプロジェクトでも書いていま…
  5. 2018-1-8

    理解という概念の固定化

    最近では、理解しないと動けないという人が、増えています。ワークショップをするにしても、最初に座学を入…
ページ上部へ戻る