一般社団法人&JAPANがスタートします

日頃、日本文化の継承のお手伝いが出来ればと、このブログを書き進めながら、演劇でのアプローチや所作でのアプローチを試行錯誤しながら、やってますが、どうしても限定的な活動になっています。そこで、この際、思い切って一般社団法人を立ち上げて、活動の幅を広げられたらと思い、インバウンドプロデュースチームとして、一般社団法人&JAPANを設立することにしました。

&TOKYOよりもでかい名称になってますが、汗。もちろん、それぐらい夢はでかいです。いずれ、誰でも知っている団体になることを目標に、残りの少ない人生を使い果たしていくつもりです。笑。今までは、伝ふプロジェクトという組織としていろいろと、無い力を振り絞って頑張ってきましたが、これからは、もっと多くの、そしてもっと大きな組織の人たちとコラボレーションしながら、何かを作り上げていけたら良いなと思っています。そして、伝ふプロジェクトも一緒に大きくなっていけたらと良いなと思っています。

もちろん、ただ大きくなれば良いというものでは、ありません。大きいだけなら、大手の企業さんがやれば、それで済むことなのです。&JAPANでは、あくまでも、大きな組織としての力と、小さな力の集まりとしての集団の力との架け橋になれるような位置をキープして行きたいと思っています。日本の伝統や文化に、携わっている人たちは、小さな団体で活動していることが多いと思われます。そして現状の日本では残念ながら、こうした文化に携わっている人たちを守る組合の力が強くありません。ですから、そうした人たちが、活動しやすい環境をより良く作れるよう支援しながら、日本文化の発展に寄与できるような組織でありたいと考えています。インバウンドということで、進めていきますが、海外の人に日本文化を紹介する活動の中で、日本文化の健全な維持のために出来ることを考えて、実行していきたいと思っているわけです。

ただ、僕のような、権力も地位も名誉もお金もない知名度の低い人間が、いくら頑張って一緒にやろうよと言っても、友達ですら、相手にしてくれないのが、現状ですけど。でも、それでも、ひとりでも多くの人が、集まってくれて、一緒に考えたり行動してくれたりすることで、生まれたばかりの組織は、成長できるんじゃないかって思うんです。僕なんか、当てにならないのは当然です。僕じゃなくて、組織としての&JAPANに期待して欲しいんです。それも、参加することで、期待して欲しい、つまりは自分たちの力に期待して欲しいんです。

もちろん、メリットにもらないことに時間を費やすほど、暇じゃないって、考えるのが普通だと思います。暇人の趣味につきあってはいられないし、第一、インバウンドなんて、自分とは関係ないって、そう考えるでしょう。そして、自分が参加するような内容は、無いとも考えてしまう。でも、この団体は、出来たばかりなのです。皆さんが参加できるような、企画を持ち寄っていただければ良いだけなのです。自分のメリットにつながるかもしれないことを考えて、そして仲間に賛同してもらえれば、動き出すかもしれないのです。

何か面白いこと無いかなって、考えてたり、今の状況を変えたいと思ってたりするなら、是非、一緒に何かを作り出して、楽しく活動しながら、面白い団体にしていきませんか?そして、それが少しでも社会貢献につながっていくなら、こんな楽しくて、素晴らしいことはないと、思ってしまうのですが、だめですか?是非、是非!一緒にインバウンドと日本文化を考えていきませんか?ご連絡をお待ちしております。

心から、歓迎いたします。

4月17日、オープニングイベント開催します

近藤康成

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

その他

  1. 日頃、日本文化の継承のお手伝いが出来ればと、このブログを書き進めながら、演劇でのアプローチや所作での…
  2. おかげさまで、今年度もこれで終わりです。ありがとうございました。来年度、また会えるかどうか分かりませ…
  3. 3年生と同じく、演技時に自分が楽になるための方法、視覚処理と接触方法について、なんとなくテクニカルぽ…
  4. 3年生ですので、二回目ですがこれで最終回です、もう会えないかもしれないので、最後の授業だと思って、内…
  5. また、代講にうかがえるという幸運に恵まれまして、行ってまいりました。1年生です。今回は、ブリティッシ…
  6. 僕が出演しましたオーストラリア映画、「The Viper's Hex」が、メルボルンで開催されました…
  7. 個人的な話ですが、中田圭監督作品(↑の写真のサングラスした人)の再恋「サイレン」に出演しまして、先日…

ブログカテゴリー

お願い

当サイトへのご支援や、応援メッセージなど、お待ちしてます。よろしくお願いいたします。

補足メモ

  1. 2018-2-20

    量子力学的な身体観

    現代では、精神が身体よりも上位に位置し、身体を生きていくための道具と捉えているからでしょうか?身体を…
  2. 2018-2-16

    識別感覚と同調感覚について

    前回の「理解という概念の固定化」の続きのブログです。この問題は、何度か伝ふプロジェクトでも書いていま…
  3. 2018-1-8

    理解という概念の固定化

    最近では、理解しないと動けないという人が、増えています。ワークショップをするにしても、最初に座学を入…
  4. 2017-10-26

    秋の収穫祭に参加しました

    少し前になりますが、10月14日に永田町GRIDにて開催されました。秋の収穫祭に参加してきました。い…
  5. 2017-10-10

    ワークショップ vol. 002

    少し時間が経ってしまいましたが、先日、無事にワークショップの二回目が、終了しました。ワークショップの…
ページ上部へ戻る