東京フィルムセンター14期1年生 Ver2

また、代講にうかがえるという幸運に恵まれまして、行ってまいりました。1年生です。今回は、ブリティッシュコメディということで、関西喜劇とは、まったく違って難しいのですが、僕はそれでも着物です。笑。

もちろん、演技的には突っ込みどころ満載ですが(内緒)、それをいちいち指摘しても何も生まれないし、指摘された人しか、たぶんダメだしを聞いてないと思いますので、ほったらかしです。僕は、そんなことより、誰でも最初言われること、そう 「舞台に立ってないよね、台詞言ってないときに芝居していないよね」という指摘に対する答えを探していきたいのです。誰だって真面目に取り組んでいるのに、そういう現象は、確かにあるんです。集中が、果てしなく散漫になり、鳥散らかってまとまらない感じですね。

まず、台詞が入ってない。いや、台詞が入ってないことは、実はたいしたことではないのですが、覚えていないことに気をとられていることが問題になるわけです。集中出来ないのです。ですから、台詞を言うことにたぶん、精神の8割ぐらい使っているのかな?残りの2割で、ストーリーを考えている。つまり、孤立しているわけです。でも、相手の台詞は、よく聞きなさいと言われるので、聞く。それは、次が、自分の台詞をいう順番だから?

この状態で、この芝居を、ああしょうとか、こうしようとか、考えても無意味とまでは、言わないにしても、もっとやるべきことがあるでしょうって?考えるわけです。しかし、大方の演出家さんというのは、もっと物語を解釈しろとか、アイデアを考えろとかいうわけです。相手の台詞をちゃんと聞いて、感情を作りなさいってね。でもこれは、僕が経験してきたことだから、よく分かりますが、こういうアプローチは、とても時間がかかるわけです。この呪縛から、脱出するのは、ほんとうは出来る先輩が、一緒に芝居してくれればいいのですが、養成所の場合、なかなかそんな訳にはいかないわけです。日芸で卒業制作に参加したりする時にも、僕は、いいますよ。どうして、OBがいないの?○谷幸喜さんや、宮藤官○郎さんは、なぜ来ないのってね。無理に決まってますが、笑。

話がそれました。それで、武士のならひ的アプローチでは、身体感覚を使う訳ですから、先輩の力は必要ありません。簡単な課題を少し加えます。つまり、精神活動100%になっている芝居だから、舞台に立ってないって言われるわけなので、身体を使えばいいんです。そしてこの場合に、勘違いしないでほしい事は、精神の奴隷として、身体を使わないと言うことです。こう動いたら、受けるとか、ト書きに書いてあるからああ動くとかは、全然ダメです。つまり意図的な、動きでは意味がありません。強いて言うなら、芝居の内容には、まったく関係ないでしょう的な事ですね。そう、そうすると劇的なるものへ、芝居を展開していくわけです。

竹ひごを持ってみた↑

集中点を変えてみた↑

どれも、劇的ビフォーアフターになるわけですが、皆さんはどう思ったかは、分かりませんが、僕的には、目覚ましく演劇的になったと思いました。みんなそれなりに、存在しているのです。養成所の時計を一年は早めたなと自画自賛。笑。たぶん、演技もやりやすくなってると思いますが、どうなんでしょうか?身体はストーリーと関係ないことをしているのにです。そして、やはり、ほんとうに劇的に変わるのは、タイミングを変えるということです。(口伝につき説明は、しません!)これをすると、ほんと普通に見ている側が芝居に入り込みます。さっきまで、段取りにしか見えなかった学生芝居が、今ここで、リアルに展開されているように、ひきこまれるんですね~~~~。驚いた。

ですから生徒の皆さん、他の授業で、近藤はこんなこと言ってました、とか、口が裂けても言ってはダメですよ。怒られます。

ちょっと、自画自賛しすぎ?なので、ここら辺で、やめておきます。すみませんでした。許してください。
もう一つのクラスのみんなです↓

みんな、ありがとうさんでした。楽しかった!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

その他

  1. 2019/4/10

    所作塾 No11
    身体を動かす上で、大事になのはたぶん、下半身だと思いますが、それは基本的なことで、細かい技となるとや…
  2. 2019/3/21

    所作塾 No10
    所作塾 No10 2019/3/18 毎回、集まって頂いた人に合わせて、稽古を組み立てていますが、…
  3. 2019/3/4

    所作塾 No9
    所作塾 No9 2019/2/25 私たちは、普段、効率化と合理化の観点から、色々なものを、単…
  4. 東京放送芸術&映画・俳優専門学校の進級公演として、上演されたものです。 もちろん、突っ込みどころは…
  5. 2019/1/23

    所作塾 No8
    所作塾 No8 2019/1/21 私たちは、小さいときから、大人達に、集中しなさいと言われて…
  6. 2018/12/12

    所作塾 No7
    カメラのレンズが完全に壊れていますね。ごめんなさい。 今回は、ちょっと芝居を重点的にやってみま…
  7. 2018/11/28

    所作塾 No6
    所作塾 No6 2018/11/26 今回は、ちょっとお芝居に関する所作を重点的にやりました。…

新しい投稿

命題

Je sens, donc je suis.
我感じる、故に我有り

デカルトの我思う故に我有りの命題を日本風になおしました。日本文化の原点です。

ブログカテゴリー

補足メモ

  1. 2019-3-8

    精神は、身体に触れられない

    こう切り出したら、ある人から、いえ、私は、身体にいつでも触ることができますよ、むしろ精神には触れない…
  2. 2019-1-4

    錐体系と錐体外路系の運動

    私たちは、何か行動を起こすとき、意識している行為と無意識の行為があります。つまり、自覚的行為と無自覚…
  3. 2018-2-20

    量子力学的な身体観

    現代では、精神が身体よりも上位に位置し、身体を生きていくための道具と捉えているからでしょうか?身体を…
  4. 2018-2-16

    識別感覚と同調感覚について

    前回の「理解という概念の固定化」の続きのブログです。この問題は、何度か伝ふプロジェクトでも書いていま…
  5. 2018-1-8

    理解という概念の固定化

    最近では、理解しないと動けないという人が、増えています。ワークショップをするにしても、最初に座学を入…
ページ上部へ戻る