第4回新人監督映画祭 再恋「サイレン」

個人的な話ですが、中田圭監督作品(↑の写真のサングラスした人)の再恋「サイレン」に出演しまして、先日、ユナイテッドシネマ豊洲にて、新人監督映画祭の招聘作品ということで、プレミア上映されました。オーディションで選ばれました。佐野紫音さん(現役の女子高生)が、主役で、等身大の思春期の女の子の恋愛のお話です。芝居の前半部分は、モノクロでシネスコサイズになっています。とってもフランスのヌーベルヴァーグ風(ATG風ともいう)の作品になっております。

来年公開予定になっております。少しでも多くの劇場で上演されることと良いですね。そして、なんと、製作協力のことろに伝ふプロジェクト合同会社の名前も入れていただきまして、自分の名前よりも嬉しかったりして、笑。ほんとうにありがとうございました。ちなみに、僕が出演したシーンのショットの素材も用意していただきました↓。合わせて、お気遣いありがとうございます。

僕のシーンは、ワンテイクでしかもノーカットであります。笑。さすが、スタッフさんが、素晴らしいのでこういう撮り方が出来るのでしょう。安心して、芝居のことに集中できます。なんと言っても楽しい現場で、良いですね。また、ご縁がありまして、出演出来るのと良いのですが、、、。監督よろしくお願いいたします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

その他

  1. 2019/4/10

    所作塾 No11
    身体を動かす上で、大事になのはたぶん、下半身だと思いますが、それは基本的なことで、細かい技となるとや…
  2. 2019/3/21

    所作塾 No10
    所作塾 No10 2019/3/18 毎回、集まって頂いた人に合わせて、稽古を組み立てていますが、…
  3. 2019/3/4

    所作塾 No9
    所作塾 No9 2019/2/25 私たちは、普段、効率化と合理化の観点から、色々なものを、単…
  4. 東京放送芸術&映画・俳優専門学校の進級公演として、上演されたものです。 もちろん、突っ込みどころは…
  5. 2019/1/23

    所作塾 No8
    所作塾 No8 2019/1/21 私たちは、小さいときから、大人達に、集中しなさいと言われて…
  6. 2018/12/12

    所作塾 No7
    カメラのレンズが完全に壊れていますね。ごめんなさい。 今回は、ちょっと芝居を重点的にやってみま…
  7. 2018/11/28

    所作塾 No6
    所作塾 No6 2018/11/26 今回は、ちょっとお芝居に関する所作を重点的にやりました。…

新しい投稿

命題

Je sens, donc je suis.
我感じる、故に我有り

デカルトの我思う故に我有りの命題を日本風になおしました。日本文化の原点です。

ブログカテゴリー

補足メモ

  1. 2019-3-8

    精神は、身体に触れられない

    こう切り出したら、ある人から、いえ、私は、身体にいつでも触ることができますよ、むしろ精神には触れない…
  2. 2019-1-4

    錐体系と錐体外路系の運動

    私たちは、何か行動を起こすとき、意識している行為と無意識の行為があります。つまり、自覚的行為と無自覚…
  3. 2018-2-20

    量子力学的な身体観

    現代では、精神が身体よりも上位に位置し、身体を生きていくための道具と捉えているからでしょうか?身体を…
  4. 2018-2-16

    識別感覚と同調感覚について

    前回の「理解という概念の固定化」の続きのブログです。この問題は、何度か伝ふプロジェクトでも書いていま…
  5. 2018-1-8

    理解という概念の固定化

    最近では、理解しないと動けないという人が、増えています。ワークショップをするにしても、最初に座学を入…
ページ上部へ戻る