東京フィルムセンター12期 3年生

3年生の方々と初のご対面でした。お疲れさまです、おつきあいいただきありがとうございました。もう半年もすれば、卒業ですね。進路を決めながらの勉強ですね。いろいろと大変だと思いますが、頑張ってほしいです。よい事務所や、劇団が決まると良いですね。もちろん、この中からスターが生まれて、有名になったら、自慢させてくださいね。

30名を超えるクラスということで、ちょっと隅々まで、見ていられないところもありますので、気軽にわからないことがあれば、声をかけてください。もちろん、わからないことはわからないので、気にしなくていいです。稽古事は、本当のところ理解しないで進むことが、よいのです。いろいろなヒントを出していきますので、そのことで、ああでもないこうでもないと各自が試行錯誤するのが、一番身につくし、経験になると思います。まあ、それにしても、意味不明すぎることは、どんどん質問してください。笑

身体集中と精神集中について、やっているのですが、どちらが正しいとかいうのは、まったくありません。各自が、その場その場、または好みに応じて、取り組みやすいほうを選んだら良いと思います。ただ、精神集中については、小さい頃から、いろいろな場面で、教わってきていると思いますので、僕のクラスでは、申し訳ありませんが、たぶん誰も一度も教えてもらったことのがない身体集中について、解説させていただいています。もちろん、身体集中というもの自体は、何も特別なことはなく、普段日常的にやっていることなのですが、自覚に乏しいものですので、あえてピックアップして、説明している次第です。

身体集中について、生徒さんに質問したら、素晴らしい答えが返ってきました。「自転車に乗ること」!そうです。模範解答ですね。笑。つまり精神集中して、自転車に乗るひとはいません。みんな、なんの躊躇もなく、自転車にまたがるはずです。ですから、この時、自転車に乗れない人に、教えてよっていわれても、案外困るのです。だって、もう乗れてしまったので、どうやって乗れるようになったのか、もうわからないのです。そういうことです。野球で、バットの振り方を教わって、あれこれやってみるのですが、結局、最後は来た玉を打ち返すだけです、玉が止まって見えました。なんて、説明にもならないことで片付けられてしまうのです。

そういう演技の仕方もあって良いんじゃない?というのが、僕のやろうとしていることです。役作りと称して、あれやこれやと考えあぐんで、そして精神集中して現場に望んでも、うまくいかないことが多かったりするのです(僕の場合)。得られるのは、努力したという気持ちだけだったりして。ですから、精神集中と身体集中という二つのカードを持つことは、結構、有効な手段じゃないのかなって、思っています。

これからは、稽古場ではなく、現場に出て行くわけです。稽古事のような環境で芝居ができるとは限りません。もっともっと流動的で、なにが起きるかわかないのが現場です。ですから、想定外を作らないことが求められてきます。臨機応変に対応しつつ、自己のベストを尽くす。こういうことは、言葉でいうのは簡単ですが、わかっちゃいるけど、なかなか、難しいのです。ですから、あまり頭でっかちにならずに、どんな環境でも現場を楽しめるよう柔軟に構えてください。きっと、良いことがあります。自転車にでも乗るような気軽さで、壁を自分で作らずに演技してみてください。笑

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

その他

  1. 2019/4/10

    所作塾 No11
    身体を動かす上で、大事になのはたぶん、下半身だと思いますが、それは基本的なことで、細かい技となるとや…
  2. 2019/3/21

    所作塾 No10
    所作塾 No10 2019/3/18 毎回、集まって頂いた人に合わせて、稽古を組み立てていますが、…
  3. 2019/3/4

    所作塾 No9
    所作塾 No9 2019/2/25 私たちは、普段、効率化と合理化の観点から、色々なものを、単…
  4. 東京放送芸術&映画・俳優専門学校の進級公演として、上演されたものです。 もちろん、突っ込みどころは…
  5. 2019/1/23

    所作塾 No8
    所作塾 No8 2019/1/21 私たちは、小さいときから、大人達に、集中しなさいと言われて…
  6. 2018/12/12

    所作塾 No7
    カメラのレンズが完全に壊れていますね。ごめんなさい。 今回は、ちょっと芝居を重点的にやってみま…
  7. 2018/11/28

    所作塾 No6
    所作塾 No6 2018/11/26 今回は、ちょっとお芝居に関する所作を重点的にやりました。…

新しい投稿

命題

Je sens, donc je suis.
我感じる、故に我有り

デカルトの我思う故に我有りの命題を日本風になおしました。日本文化の原点です。

ブログカテゴリー

補足メモ

  1. 2019-3-8

    精神は、身体に触れられない

    こう切り出したら、ある人から、いえ、私は、身体にいつでも触ることができますよ、むしろ精神には触れない…
  2. 2019-1-4

    錐体系と錐体外路系の運動

    私たちは、何か行動を起こすとき、意識している行為と無意識の行為があります。つまり、自覚的行為と無自覚…
  3. 2018-2-20

    量子力学的な身体観

    現代では、精神が身体よりも上位に位置し、身体を生きていくための道具と捉えているからでしょうか?身体を…
  4. 2018-2-16

    識別感覚と同調感覚について

    前回の「理解という概念の固定化」の続きのブログです。この問題は、何度か伝ふプロジェクトでも書いていま…
  5. 2018-1-8

    理解という概念の固定化

    最近では、理解しないと動けないという人が、増えています。ワークショップをするにしても、最初に座学を入…
ページ上部へ戻る