東京フィルムセンター13期2年生

今日は、2年生でした。みなさんとは、実は二度目なのですが、前回は実技だけでしたので、今回は座学も入れてみました。かなり一般論とは、違う座学になりますので、どうしても最初はちんぷんかんぷんだと思います。でも、頑張ってくれたらいいな~。

本当は、生徒さんたちが、用意してきた、ちょっとしたシーンを発表するのが今日の授業であったわけでが。一人だけ、希望者に演技してもらって、あとは代講ですし、僕のペースの授業をさせていただきました。本当に、ごめんなさい。で、発表してくれた生徒さんも、本当にありがとうございました。とても面白かったです。

芝居って、構えてしまいがちですよね。非現実というか、それなりの準備がいるとか、だから、ちょっとやってみてって言われても困る。歌とか、楽器なら、ちょっとやって見せてよって言われても、大丈夫なのかもしれないけど。演技って、酔っ払いとかに、じゃあやって見せろよと言われても、ともて困る。やったところで、絶対に面白くない自信があるし。笑。

これは、結構痛い問題で、どうして出来ないのか?それは、芝居が、もともとそういう性格のものなのか、はたまた芝居へのアプローチが、根本的に間違っているのか?どちらなの問題なのだろうか?どちらにせよ、難しい問題ですね。見る側にも問題があるし、演じる側にも問題がある事だと思います。ただ、役者の立場で言えば、演じるということの敷居をあまり高くしすぎると、精神的に疲れてしまうので、気楽に始められるようにすることは大切ですね。その為にも、身体集中をそのまま芝居に持ち込むことが、大切になってくるのだと思うのです。僕も頑張って、その辺りのことをライフワークとして、まとめてみたいと思っているのですけどね。

現状では、どうしても人前で見せられるレベルに到達するのに時間がかかりすぎるし、中途半端な状態では、発表しても落ち込むだけでしょう?なにか、出来てないことを見つけられて、指摘されたりして、それはとても、嫌な気持ちになったりする。だから、完璧になるまで、見せたくないものです。ですから授業では、僕は、出来てないことを指摘することは、極力しません。この人は、何に集中しているのだろう?というポイントを見るようにします。そして、その集中を違う集中に変化したらもっと良くなるんじゃないかって?考えて指摘するようにしますので、みなさん気軽に発表して下さい。よろしくお願いいたします。

蜂の巣って、小さくても蜂の巣として、完成されてて、そのままの姿で大きくなっていく。だから、どこまで成長したから、完成ですということがない。同じように、子供って、いつもいつも成長していくのだけど、どの段階を切り取っても子供として、完成されていて、見せることができる。たぶん、それらと同じように、演技もいつまでも成長していくものなのだけど、どこの段階でも完成されてて、それは、どの段階でも、そこで人前で見せられるものなのですよきっと。未熟なんてものが、あったとしても、そこで堂々として生きて行けば良い。そんな風に思うし、そういう見せ方や取り組み方をしていけたらと思うのです。それには、やはり何に集中し何に取り組んでいくのかが大切になってくると思うのです。みなさん頑張りましょう。

↓の写真は、午前のクラスです。ありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

その他

  1. 2019/11/28

    所作塾 No 18
    体幹を鍛えるというのが、流行りましたが、いいところをついているのですが、なぜかそれでも身体感覚という…
  2. 2019/10/29

    所作塾 No17
    集中体験をすることが、人生を豊かにしていくことの本質なのかもしれませんよね。 今回は、集中の取…
  3. 2019/9/27

    所作塾 No16
    世間では、「目標を明確に持ちなさい!」と、常識的に上の人から、下の人へ、忠告されるわけですが、そして…
  4. 2019/7/30

    所作塾 No15
    所作は、基本的には、骨の動きになるわけですが、要するに骨「こつ」をつかむわけですね。ただ、骨は筋肉が…
  5. 2019/7/5

    所作塾No14
    所作は、身体を意志では無く、感覚を通して、扱うことで、命と真摯に向かいあう行為の一つとなりえます。 …
  6. 2019/6/20

    所作塾No13
    合理化と視覚化は、現代の社会の二大命題でありますが、もちろん、それは、文化的なものとは真逆に位置して…
  7. 2019/5/28

    所作塾 No12
    日本画の余白と集中観について、 日本の絵には、余白があったりします。それを見て、西洋の昔の画家…

新しい投稿

命題

Je sens, donc je suis.
我感じる、故に我有り

デカルトの我思う故に我有りの命題を日本風になおしました。日本文化の原点です。

ブログカテゴリー

補足メモ

  1. 2019-3-8

    精神は、身体に触れられない

    こう切り出したら、ある人から、いえ、私は、身体にいつでも触ることができますよ、むしろ精神には触れない…
  2. 2019-1-4

    錐体系と錐体外路系の運動

    私たちは、何か行動を起こすとき、意識している行為と無意識の行為があります。つまり、自覚的行為と無自覚…
  3. 2018-2-20

    量子力学的な身体観

    現代では、精神が身体よりも上位に位置し、身体を生きていくための道具と捉えているからでしょうか?身体を…
  4. 2018-2-16

    識別感覚と同調感覚について

    前回の「理解という概念の固定化」の続きのブログです。この問題は、何度か伝ふプロジェクトでも書いていま…
  5. 2018-1-8

    理解という概念の固定化

    最近では、理解しないと動けないという人が、増えています。ワークショップをするにしても、最初に座学を入…
ページ上部へ戻る