ワークショップ vol. 002

少し時間が経ってしまいましたが、先日、無事にワークショップの二回目が、終了しました。ワークショップの様子の写真を撮るのを忘れまして、永田町GRIDの入り口の写真です。笑

喫茶店でお茶をしながらの座学をしておりますが、ついつい長くなりがちですので、気をつけます。それにしても、最初はいろいろと話しておきたいこともありますので、難しいところです。

二回目ということで、少し話を前に進めまして、今回は、抜刀、構え、袈裟斬り、血振り、納刀までの動きを一連で、やってみました。それぞれ、所作としては、いろいろと注意しないと行けないことがたくさんありますが、流れの中で、背骨と刀の関係性を意識して、やってみました。なかなか、難しかったようですが、それなりに出来ていたと思います。ついでに、少し体捌きもやっておきました。

私たちは、普段、動きを客観的な視点でとらえて、ここが何度の角度でとか、足はかたはばでとか、外的な位置関係で動作しようとしますが、これを所作にするためには、すべて動作を感覚におき変えていくわけです。それを楽しんでいるうちに、身体集中に入っていけるというわけです。

そして、そうした身体集中を助けるためにまた型があり、相互に助け合いながら、あるまとまりを作っていくというわけですね。

また、ご興味がありましたら、是非よろしくお願いいたします。お忙しい中、お集まりいただきまして本当にありがとうございました。体調不良でこられなかった人は、すみませんでした。お大事にしてください。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

その他

  1. 2019/9/27

    所作塾 No16
    世間では、「目標を明確に持ちなさい!」と、常識的に上の人から、下の人へ、忠告されるわけですが、そして…
  2. 2019/7/30

    所作塾 No15
    所作は、基本的には、骨の動きになるわけですが、要するに骨「こつ」をつかむわけですね。ただ、骨は筋肉が…
  3. 2019/7/5

    所作塾No14
    所作は、身体を意志では無く、感覚を通して、扱うことで、命と真摯に向かいあう行為の一つとなりえます。 …
  4. 2019/6/20

    所作塾No13
    合理化と視覚化は、現代の社会の二大命題でありますが、もちろん、それは、文化的なものとは真逆に位置して…
  5. 2019/5/28

    所作塾 No12
    日本画の余白と集中観について、 日本の絵には、余白があったりします。それを見て、西洋の昔の画家…
  6. 2019/4/10

    所作塾 No11
    身体を動かす上で、大事になのはたぶん、下半身だと思いますが、それは基本的なことで、細かい技となるとや…
  7. 2019/3/21

    所作塾 No10
    所作塾 No10 2019/3/18 毎回、集まって頂いた人に合わせて、稽古を組み立てていますが、…

新しい投稿

命題

Je sens, donc je suis.
我感じる、故に我有り

デカルトの我思う故に我有りの命題を日本風になおしました。日本文化の原点です。

ブログカテゴリー

補足メモ

  1. 2019-3-8

    精神は、身体に触れられない

    こう切り出したら、ある人から、いえ、私は、身体にいつでも触ることができますよ、むしろ精神には触れない…
  2. 2019-1-4

    錐体系と錐体外路系の運動

    私たちは、何か行動を起こすとき、意識している行為と無意識の行為があります。つまり、自覚的行為と無自覚…
  3. 2018-2-20

    量子力学的な身体観

    現代では、精神が身体よりも上位に位置し、身体を生きていくための道具と捉えているからでしょうか?身体を…
  4. 2018-2-16

    識別感覚と同調感覚について

    前回の「理解という概念の固定化」の続きのブログです。この問題は、何度か伝ふプロジェクトでも書いていま…
  5. 2018-1-8

    理解という概念の固定化

    最近では、理解しないと動けないという人が、増えています。ワークショップをするにしても、最初に座学を入…
ページ上部へ戻る